横浜市

横浜でおすすめのビル買取・売却不動産業者をピックアップ。どのような特徴があるのかや、実際の事例についてご紹介します。

横浜でおすすめのビル買取・売却不動産業者

横浜を含めた一都三県の不動産売買に対応している不動産会社から、収益物件に関して評判の良い実績のある業者を紹介します。選定基準としては国土交通省の不動産投資顧問業者に登録されている不動産会社とさせていただきました。

サンフロンティア

1999年に設立されたサンフロンティア。収益物件の取り扱いはもちろんのこと、「平成30年度港区景観街づくり賞激励賞」など、プラスアルファの評価を得ている不動産業者で、公式ホームページには様々な事例が掲載されているなど、実績も豊富であることが伺えます。

サンフロンティアが横浜で売却・買取した物件例

サンフロンティアの売買する収益ビル物件例 ※引用元:「サンフロンティア賃貸」https://search.sunfrt.co.jp/floor/6110/10919/
  • 物件名:ヨコハマNSビル
  • 所在地:神奈川県横浜市中区
  • 最寄駅:JR根岸線 関内駅徒歩4分
  • 構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
  • 規模:地下1階付8階建
  • 築年数:1994年
  • 取引様態:自社

※参照元:サンフロンティア賃貸(https://search.sunfrt.co.jp/floor/6110/10919/)2020年6月15日時点情報

エーディーワークス

エーディーワークスは様々な事業を展開していますが、「バリュイノベーション」を標榜し、1棟当たり5億円以下の住居系収益不動産を中心に事業を展開しているとあって、ノウハウは豊富です。

エーディーワークスが横浜で売却・買取した物件例

エーディーワークスの売買する収益ビル物件例 ※引用元:「エーディーワークス公式HP」https://www.re-adworks.com/business/investment/honsya-lists.html?121
  • 物件名:ユーコート日吉
  • 所在地:神奈川県横浜市港北区
  • 最寄駅:東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉」駅  徒歩11分
  • 構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
  • 規模:陸屋根4階建
  • 築年数:1986年
  • 取引様態:仲介

※参照元:エーディーワークス公式HP(https://www.re-adworks.com/business/investment/honsya-lists.html?121)2020年6月15日時点情報

Myアセット

増資が続いているMyアセット。幅広い人脈を持っている点が強みでもあり、説得力でもあります。不動産投資だけではなく、プロパティマネジメントなど幅広い業務を展開しているからこそ、不動産事業全般に対しての造詣が深いです。

Myアセットが横浜で売却・買取した物件例

Myアセットの売買する収益ビル物件例 ※引用元:「Myアセット公式HP」https://www.e-sumai.co.jp/business-01-1.php

Myアセットの売買物件は公式HPにて確認ができます。

横浜で収益ビル一棟を売却するなら

横浜という多くの人口を誇る街は、不動産に対しての需要が潜在的に高いエリアです。しかし、物件の条件によって売り時が異なりますので、現在依頼している不動産業者に不満をお持ちの方は媒介契約を変えてみるのも良いでしょう。業者が変わることで結果が変わることは珍しくありません。むしろ依頼する業者のネットワークやノウハウによって、結果は大きく異なります。

1棟収益物件の売却で
媒介の使い分けは当たり前
使い分ける不動産会社を新提案

新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
Myアセット

築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

電話で物件相談はこちら

築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
三井不動産リアルティ

資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

電話で物件相談はこちら

※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

関連ページ

良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

東京都
株式会社プルアップ
専任媒介契約とは?
習志野市津田沼
株式会社ファウンティン