資産を組替を収益物件・事業用物件で行うには

資産を組み替えを収益物件・事業用物件で行うにあたって、いくつか覚えておくべき点があります。それらについて、ポイントをまとめています。

収益物件・事業用物件で利益を最大化するために必要な知識

収益物件・事業用物件で利益を最大化するためにあたっては、覚えておくべき点が多々あることは言うまでもありません。フィーリングで取り組むのではなく、どのような制度が用意されているのかや、過去に似たような物件がどの程度の価格でやり取りされているのかなど、情報を収集することでどのような形で取り組むべきなのかが見えてくることでしょう。

事業用資産の買換え特例の活用方法

事業用資産の置換は特例が用意されていますが、特例を活用するためにはいくつかの条件が用意されており、決して誰もが自由に受けられるものではありません。そこで、どのような条件が定められているのかや、特例を踏まえ、何を意識すると良いのかなどを解説しています。

不動産の売却においてとても大切なポイントであると共に、知っておかなければ損をしてしまう部分でもありますので、覚えておきましょう。特に6つの条件に関しては、どれか一つに当てはまっていれば良いのではなく、全てに当てはまっていなければならない点は要チェックです。

事業用不動産にかかる税金

事業用不動産にもまた、税金がかかるのですが、物件を所有していた年数、あるいは金額によって税金が変わります。一律であればシンプルなのですが、どのような状況で物件を売却したのかによって税率も変わります。

つまり、売却してから「これくらい税金がかかるのか」と認識するのではなく、売却する前の時点である程度どれくらい税金がかかるのかを把握しておく必要があります。特に税金に関しては必ず支払わなければならないものです。他人事ではありませんので、不動産を売買するにあたっては、どのような税金があり、どれくらい支払うのかは覚えておく必要があります。

築古RC物件の出口戦略

不動産投資の「最後の仕上げ」とも言えるのが出口戦略ですが、築古RC物件は出口戦略が難しいとされています。しかし、決して「不可能」ではなく、あくまでも「難しい」です。適切な情報を把握しておくことで、出口戦略も決まることでしょう。

そこで、築古RC物件の出口戦略にあたって、どのような点を意識しておかなければならないのかをまとめています。RC物件の特徴を交えながら、どのようなタイミングが良いのかや、そもそもなぜRC物件は出口戦略が難しいとされているのか等についての解説をさせていただいていますので是非ご覧ください。

一棟マンションの売却でオーナーチェンジを成功させるには?

マンションなどのオーナーチェンジを行う場合、その物件は通常の物件より、査定価格が下がる傾向にあります。売却を成功させるには、入居者に契約更新を促すなど、買主側のメリットを減らさないことがポイントになります。

サブリース契約中の一棟マンション売却は可能?

売却後も貸主と借主の関係性が変わらないサブリース契約。サブリース契約中のマンションでも売却は可能ですが、買主側のデメリットが多いため、売りにくいのが現状です。注意点や高く売るコツなどを押さえましょう。

専任媒介契約とは?

専任媒介契約は、不動産会社に物件売買を依頼するときに締結する3つの媒介契約のうちの1つです。最も中間的な立ち位置にあり、そのほかの媒介契約が持つデメリットを補える良いとこどりの契約形態になります。専任媒介契約の特徴をはじめ、メリットやデメリット、専任媒介契約がおすすめのタイプなどをリサーチしてまとめてみました。

1棟収益物件の売却で
媒介の使い分けは当たり前
使い分ける不動産会社を新提案

新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
Myアセット

築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

電話で物件相談はこちら

築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
三井不動産リアルティ

資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

電話で物件相談はこちら

※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

関連ページ

良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

  • 一棟マンション・事業用など収益不動産の仲介不動産業者
  • 一棟マンションの売却
  • 収益ビルの売却
  • 資産を組替を収益物件・事業用物件で行うには