ソリッド

ソリッドがどのような特徴を持つ不動産業者なのかや、売買実績、口コミ・評判等についてまとめています。

ソリッドの一棟売り売買物件

  • 地域:東京、神奈川、千葉、埼玉
  • 利回り:7.00%
  • 価格:1億6,260万円
  • 構造:軽量鉄骨
  • 築年数:35年以内
  • 稼働率:記載なし

※参考:健美家(https://www.kenbiya.com/pp3/s/tokyo/itabashi-ku/re_2030266ngd/)2020年6月12日時点

ソリッドは公式ホームページではデザイナーマンションの扱いがある点しか明記されていませんが、ポータルサイトではこのような形でいくつかの物件を売りに出しています。一棟売りだけではなく、区分売り物件も見かけるなど、不動産全般を扱っている業者であることも分かります。

ソリッドの収益物件の売買について

ソリッドの収益物件の売買実績

ソリッドは2001年3月に設立された会社です。書籍等も販売するなど、実績があるだけではなく、実績を説得力に更なる事業展開を行っています。また、仕入れや分譲の実績に関しては公式ホームページにてマンション名と共に明記されています。60件以上のマンションがそれぞれ建物名と共に記載されていますので、実際にどのような取引が行われたのかだけではなく、マンション名で検索することで、簡単にどのようなマンションだったのかを確認することもできます。

ソリッドの収益物件の売買活動

ソリッドは一棟不動産特化型の業者です。不動産業者もそれぞれ得手不得手がありますし、どのような事業を展開しているかは多種多様ですが、ソリッドでは一棟不動産に特化していることから、一棟不動産のノウハウに長けています。また、全国手広くビジネスを行うのではなく、東京、神奈川、千葉、埼玉のみに限定。豊富な情報量を元に、マネタイズのための合理的なノウハウの構築に定評があります。

ソリッドの評判

  • 具体的には、ポータルサイトへ物件を掲載すること以外に、物件近隣にある複数の賃貸仲介会社に訪問して客付けを依頼するという提案でした。さらに、空室2部屋の入居が決まるまでは管理費用は0円で良いという提案までもらったので、それだけ客付け力に自信があるんだろうと思いました。
    引用元:楽待(https://www.rakumachi.jp/products/ooyasan/owner/kanri_owner/5103)

ソリッドの特色

ソリッドの不動産投資サービス

ソリッドは一棟不動産特化型なので、一棟不動産売買のノウハウが豊富に蓄積されています。豊富な情報量を武器に、法人化の活用をサポートしたり、あるいは賃貸管理部門を用意することで売買だけではないサポートまで用意。また、ポータルサイトにも積極的に登録。また、不動産投資に関してはプリベートカンパニーの設立からサポートすることで、キャッシュフローの最大化を実現。また、法的な面からのサポートとして税理士や会計士の紹介も行っています。
シミュレーションも徹底しており、所得税と法人税の基本税率の違いから、節税対策、また、法人名義による生命保険の加入などの提案にてそれらも経費計上するなど、徹底的な節税効果を実現。法律を熟知しているからこそ、「何が効率的なのか」という面までしっかりと考えています。

ソリッドの企業信頼性

ソリッドの設立は2001年。以降、宅地建物取引事業は4度の更新を行っています。公益社団法人不動産保証協会、公益社団法人全日本不動産協会にも加盟しているなど、信頼性もあります。

ソリッドの会社概要

社名 ソリッド株式会社
本社所在地 東京都三鷹市下連雀3-35-1 ネオ・シティ三鷹9F
資本金 1,000万円
免許等 一般不動産投資顧問業第000283号
宅地建物取引業東京都知事(4)第80295号
古物商第308930809520号
取引様態 仲介
1棟収益物件の売却で
媒介の使い分けは当たり前
使い分ける不動産会社を新提案

新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
Myアセット

築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

電話で物件相談はこちら

築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
三井不動産リアルティ

資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

電話で物件相談はこちら

※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

関連ページ

良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

事業用不動産にかかる税金
東洋プロパティ
足立区
新宿区
北区