マルオ

1989年(平成元年)に設立され、関東エリアから地方を対象に一棟マンションの買い取りや取引仲介といったサービスを提供している総合不動産会社「マルオ」について、特徴や専門性など、一棟マンションの売却を検討している人にとって有益な情報をまとめています。

マルオの一棟売り売買物件

一棟マンション売却に関する成約事例について、公式サイト上に詳細なデータは掲載されていませんでした。(2021年4月時点)

ただし、マルオの公式サイトでは一棟マンションの買取条件として価格帯や対象エリアが紹介されており、例えば全国各地を対象とした買取であれば2億~30億円程度、1都3県を中心とした関東圏内であれば5千万円~程度の物件が対象とされているようです。

なお、高利回りが見込まれる物件であれば、訳あり物件や地方の物件も検討対象とされており、まずは相談してから具体的な内容を確認してみると良いでしょう。

マルオの収益物件の売買について

マルオの収益物件の売買実績

マルオの収益物件の売買実績について、公式サイト上に記載がありませんでした。(2021年4月時点)

マルオの収益物件の売買活動

マルオでは一棟マンションなどの収益物件に関して、積極的な買取や仲介事業が行われており、物件の価値によっては関東エリアだけでなく、全国各地の地方物件も対象としている点が特徴です。

一棟ビルや一棟マンションはもちろん、区分所有の物件や、事務所や店舗といった事業使用していた物件についても幅広くカバーしており、築古や違法建築、再建築不可の物件に関しても相談に乗ってくれます。

また、マルオでは自社買取が難しいと考えられる土地や、一棟マンションや空ビルといった収益物件についても、買取を検討してくれる相手を探してくれるので、他社で取引を断られた場合でもマルオであれば売買契約を成立させられるかもしれません。

マルオの評判

マルオの口コミは見当たりませんでした。

マルオの特色

マルオの不動産投資サービス

マルオは、不動産業界のスペシャリスト集団として、様々なオーナーのニーズへ応える総合サービスの提供をコンセプトにしています。そのため、不動産買取や仲介取引、また物件販売といった事業を展開しており、一棟マンションや空ビルから、区分や土地まであらゆる不動産を事業対象としている点が強みです。

加えて、マルオは不動産の企画・建設といった開発事業や、ビルメンテナンス、アセットマネジメントなどの管理事業も行っており、不動産に関することなら何でも相談できる組織力は見逃せません。

また、マルオは関連不動産管理会社として株式会社ゼネラルエステートと協力し、不動産投資物件の管理代行サービスも提供している他、顧問弁護士や税理士によるフォローにも力を入れています。

マルオの企業信頼性

マルオは、平成元年の設立から30年以上にわたって不動産取引を行っている業者です。全日本不動産協会東京本部に所属し、公正性の高い不動産事業を行っています。

マルオの会社概要

社名 株式会社 マルオ
本社所在地 東京都新宿区新宿6-29-3新宿桑原ビル3F
資本金 1億円
免許等 宅地建物取引業者免許 東京都知事(4)第80167号
公益社団法人 全日本不動産協会東京本部
取引様態 直売・仲介
1棟収益物件の売却で
媒介の使い分けは当たり前
使い分ける不動産会社を新提案

新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
Myアセット

築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

電話で物件相談はこちら

築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
三井不動産リアルティ

資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

電話で物件相談はこちら

※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

隠れた優良企業が実はある
次の一棟マンション売却に
不動産会社開拓を提案

一棟マンションを中心に収益物件の取引に特化した不動産会社は複数あります。専門性と信頼性の高さの裏付けとして、国土交通省から一般不動産投資顧問業者に登録されている業者を厳選。隠れた優良企業として3社ご提案します。

着実な実績で選ぶなら
Myアセット

全空室の一棟マンションでも、構造不問で鉄骨RCでも、現況渡しでも、取引に応じる対応力があります。売却実績60件、管理戸数809室と、着実な売却実績です。投資家からの満足度も高く、信頼を勝ち得ています。

法人化を検討しているなら
ソリッド

プライベートカンパニーの設立サポートに注力しています。税理士や会計士の手もかりつつ、法人名義をフル活用した、キャッシュフローの最大化・効率化の提案を積極的にフォローしてくれる企業です。

投資の学びに注力するなら
コン・パス

不動産コンサルティングを軸に、首都圏不動産起業塾も主催。不動産業界10年以上の経験をもとに代表自ら惜しげもなくノウハウを提供しています。セミナーの他、オンラインスクールも展開中。

関連ページ

良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

ロータス不動産
アローズリアルエステート
習志野市
柏市
事業用不動産にかかる税金