サンフロンティア

サンフロンティアがどのような特徴を持つ不動産業者なのかや、マンション一棟売り事業への力の入れ具合、特徴や口コミ・評判等についてまとめてみましたのでご覧ください。

サンフロンティアの一棟売り売買物件

サンフロンティアの所有している物件はポータルサイトでは掲載が確認できませんでしたが、サンフロンティア公式ホームページでは、運用実績等が明示されていますし、求めている物件の条件も記載されていますので、サンフロンティアが求める物件等が気になる方は、一度公式ホームページの「売却物件募集のご案内」をご覧ください。

サンフロンティアの収益物件の売買について

サンフロンティアの収益物件の売買実績

1999年に設立されたので20年以上の実績があるサンフロンティア。細かい数字は公式ホームページには記載されていませんが、売上や件数もさることながら、例えば台湾にて現地事業を行っています。また、収益物件の中には金額的な評価だけではなく、「平成30年度港区景観街づくり賞激励賞」を始め、様々な評価を得ています。また、公式ホームページに掲載されている取扱物件には、例えば「7区画が早期満室となった」など、個別事例も掲載されていますので、実績が気になる方もまた、一度サンフロンティアの公式ホームページを見てみると、高い評価をうかがい知ることができます。

サンフロンティアの収益物件の売買活動

サンフロンティアはいわば「総合不動産業者」です。新規開発のデベロッパーとしての顔もあれば、プロパティマネジメント、リーシング、事業継承や相続対策、不動産証券化など様々な事業を展開していますので、どのような事業も単一的な視点ではなく、多角的視点でのコンサルタントを可能にします。「得するか損するか」だけではなく、各方面からの、かつ実績豊富でクオリティの高い様々な意見が聞けます。

サンフロンティアの評判

  • サンフロンティア不動産に出逢ってから、
    ビル管理の煩わしさから自由になり、稼働率も向上しました。不安を一つひとつ解消してくれるので、自分の時間も豊かに。次は相続税対策としての資産を相談します。

    引用元:サンフロンティア公式ホームページ(https://koguchi-fudosan.com/)
  • 保有資産についての気になることにきめ細かく相談にのってくれる他、活用方法についても適切。今ではすべてお任せしています。事業継承や相続税をはじめとする税務対策も相談しています。
    引用元:サンフロンティア公式ホームページ(https://koguchi-fudosan.com/)
  • 信頼性の高い企業の誘致を通じて、保有するビルのイメージが向上しました。売却額が予想を上まわり、それ以来のお付き合い。
    引用元:サンフロンティア公式ホームページ(https://koguchi-fudosan.com/)

サンフロンティアの特色

サンフロンティアの不動産投資サービス

売買仲介や不動産コンサルなど、サンフロンティアでは不動産投資事業も展開しています。基本的には東京都心部に特化することで、地域密着・土地勘を踏まえた斡旋力が強みです。また、収支改善、相続・税務対策や事業継承、権利調整や資金調達、銀行折衝なども引き受けてくれるなど、投資先の紹介だけではなく、投資物件の面倒をワンストップで取り組んでいます。

サンフロンティアの企業信頼性

1999年に設立されたサンフロンティアは、2007年に東証一部に上場しました。資本金も119億円。これらの数字だけでも十分に信頼できる不動産業者であることが分かりますが、さらには自社ビルも保有。営業所・視点も多数用意していますし、さらにはグループ会社も多数構えるなど、不動産業者として説得力を感じさせます。

サンフロンティアの会社概要

社名 サンフロンティア不動産株式会社
本社所在地 東京都千代田区有楽町一丁目2番2号
資本金 119億6500万円
免許等 宅地建物取引業国土交通大臣免許(5)第5968号
特定建設業東京都知事許可(特-29)第116846号
不動産鑑定業東京都知事登録(4)第1843号
不動産投資顧問業国土交通大臣登録 一般-第732号
第二種金融商品取引業関東財務局長(金商)第1297号
一級建築士事務所東京都知事登録 第59895号
警備業東京都公安委員会認定 第30003705号
不動産特定共同事業金融庁長官・国土交通大臣第88号
取引様態 直売・仲介
1棟収益物件の売却で
媒介の使い分けは当たり前
使い分ける不動産会社を新提案

新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
Myアセット

築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

電話で物件相談はこちら

築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
三井不動産リアルティ

資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

電話で物件相談はこちら

※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

関連ページ

良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

SREホールディングス
コン・パス
コープランド
ソリッド
市川市