IPA不動産

IPA不動産の売却実績や口コミ・評判、特徴等についてまとめてみました。信頼できる業者を探している方は参考にして下さい。

IPA不動産の一棟売り売買物件

  • 地域:東京都港区
  • 利回り:5.24%%
  • 価格:1億990万円
  • 構造:RC
  • 築年数:2010年9月
  • 稼働率:記載なし

※参考:IPA不動産公式(https://ipa-fudousan.com/fudo/5496/?bk=&shu=&mid=99999&nor=99999)2020年6月12日時点

東京都表参道の物件になります。2010年築と比較的新しいRCの物件。店舗付き一棟マンションももちろん対応しています。

IPA不動産の収益物件の売買について

IPA不動産の収益物件の売買実績

IPA不動産ではこれまで230棟以上の売買実績があると公式ホームページに記載されています。2011年の設立からの実績として考えると、年間でおよそ20棟程度売買している計算になります。また、管理物件は388、稼働率は95%とのこと。(2020年1月現在)これらの数字に対しての評価は各々異なるかと思いますが、公式ホームページに具体的な数字を掲載している点は好印象です。

IPA不動産の収益物件の売買活動

IPA不動産の特徴として、最短20日での買取も可能なスピード感です。仲介手数料が不要なだけではなく、即日査定も可能です。また、2020年6月時点の公式サイト情報によると、800名以上の投資家、1000社以上の企業を顧客として抱えているネットワークも強みです。さらには顧客数も増え続けているとのこと。税理士や弁護士も抱えていますので、いざという時にも安心です。このように、売り手に対してのフォロー、物件をニーズのある層へと紹介するマッチング力、そして法律面からのフォローなど、様々な角度から不動産の売買を手助けする環境を整えている業者であることが分かります。

IPA不動産の評判

IPA不動産では自社サイトにて、実際の売買事例を紹介しています。直接的なお客の声ではありませんが、所々でお客の思いを垣間見ることができますし、実際にどのような取引を行っているのかを知ることで、自分たちにマッチした業者なのかや、具体的にどのような取り組みを行ってくれるのかが見えてきます。

IPA不動産の特色

IPA不動産の不動産投資サービス

800名以上の投資家顧客を抱えているIPA不動産。収益物件の紹介はもちろんですが、それぞれの予算や利回りに応じた物件の紹介が可能です。特に心掛けているのが「ピンポイントな紹介」です。需要の異なる物件を紹介してもマッチングする可能性は低いと考えています。需要に対して的確な物件を紹介することで、売買の可能性を高める点こそ、IPA不動産のコンサルタント業者としての力量です。

IPA不動産の企業信頼性

一棟売りだけではなく、区分売りも手掛けているので、決して一棟売りの専門業者ではありません。しかし、2011年の設立以来、スピード感を武器に230件以上の売買実績を積み上げています。2020年6月時点の公式サイトによれば、結果95%の稼働率を維持しているようです。

IPA不動産の会社概要

社名 株式会社IPA不動産
本社所在地 東京都港区六本木3丁目4-33マルマン六本木ビル3F
資本金 1,000万円
免許等 東京都知事(2)第92956
取引様態 直売・仲介
1棟収益物件の売却で
媒介の使い分けは当たり前
使い分ける不動産会社を新提案

新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
Myアセット

築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

電話で物件相談はこちら

築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
三井不動産リアルティ

資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

電話で物件相談はこちら

※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

関連ページ

良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

名古屋
AYO土地建物
京都府
コープランド
IPA不動産