仲介業者を通すメリットは?

マンションを売却するとき、仲介業者を通す必要はあるのでしょうか?手数料がかかるのでなるべく避けたいと考えている人もいるかもしれません。今回は、マンション売却に仲介業者を通すメリットについて解説していきます。

マンション売却、仲介業者を通さないとダメ?

マンションやアパート、一戸建てなど不動産の売却を考えているとき、売買取引の仲介を行ってくれるのが不動産仲介業者。
仲介業者というと手数料がかかったり、担当者とのやりとりが必要であったりと、少し大変なイメージがあるかもしれません。

しかし、仲介業者を通すことのメリットはいくつかあります。まずは、スムーズな売却が期待できること、そして、売却するにあたり必要となる難しい手続きをしっかりサポートしてくれること。
そのメリットについてもう少し詳しく見ていきましょう。

スムーズな売却が期待できる

まず、仲介業者を通すメリットは、なによりもスムーズな売却が期待できること。
広告やネットワークを利用した幅広い販売活動を行ってくれるので、自分ひとりで販売活動を行うよりもスムーズに買い手を見つけられる可能性が高いです。

また買い手としても、個人よりきちんと業者を通した方が信頼・安心感につながります。
仲介業者によっては独自のネットワークを開拓しているところもあるので、より理想に近いマンション売却を行うことができるでしょう。

売却までの手続きをサポートしてくれる

それから、買い手が決まった後の売買契約から引き渡しまでに必要な各種手続きをサポートしてくれるというのも大きなメリットです。
不動産取引にはいろいろな書類が必要なので、自分ひとりでやろうと思うと相当大変です。

万が一書類に不備があったり、買い手とのトラブルが起こった場合、取引そのもののチャンスを失うことにもなりかねません。
いくら良い物件を持っていても、トラブルが起こりそうな人とは取引をしたくないですよね。
そうしたリスクを未然に防ぐためにも、専門家によるサポートを受けるのがおすすめです。

信頼できる不動産会社にお願いしよう

仲介業者を通すことは、ずばりスムーズな売買に欠かせないものといってもいいでしょう。
仲介手数料を支払ってでも、依頼することをおすすめします。

ほかにも、売却後の「まさか」に対応する保証制度など、独自のサポートサービスを実施している業者もいます。
税金や相続についての相談ができるところもありますので、相性の良さそうな仲介業者を探してみましょう。
売買に関するやりとりも増えることから、信頼できる仲介業者を見つけることが重要です。

関連ページ

一棟売り!マンション売却のススメ

千代田区
越谷市
相模原市
大田区
船橋市