オープンハウス

東証一部上場で都内住宅供給数No.1を誇る「オープンハウス」。ここでは当社の特徴や口コミ、会社概要などについて詳しく紹介していきます。

オープンハウスの一棟売り売買物件

  • 地域:東京都
  • 利回り:6.63%(満室時)
  • 価格:1億5,900万円
  • 構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
  • 築年数:1992/01
  • 稼働率:記載なし

※参照元:オープンハウス公式サイト(https://shueki.ohd.openhouse-group.com/sale/detail/135535-201061)2020年11月20日時点

オープンハウスの公式サイトでは、一棟売りの収益物件の詳細な情報が写真付きで紹介されています。価格帯は1億~6億が主体ですが、中には10億超え物件、20億に迫る高額物件もあるなど多彩です。網羅しているエリアは東京(都心6区)を中心に、神奈川、埼玉、千葉など関東圏になります。物件の数は決して多くありませんが、画一的ではなくタイプの異なる物件を取り揃えるなど、見どころは満載です。

オープンハウスの収益物件の売買について

オープンハウスの収益物件の売買実績

オープンハウスの収益物件の売買実績は申し分のない状況です。不動産経済研究所調べ(2017年1月~2018年12月)では、東京23区マンションにおいて2年連続で供給棟数NO.1に輝いたほか、2013年に約410億円だった買取総額が、2014年には約618億円、2015年には1076億円、2016年には1316億円、2017年に1655億円、2018年は2553億円と右肩上がりで増えています。

売買実績を牽引しているのは、買取強化です。オープンハウスでは大規模なオフィスビルはもちろん、中規模マンション、誰も住んでいない古い家屋、狭小地に立つ物件、店舗、空き地まで、様々な条件の物件に対応しながら仕入れを充実させることにより、住宅供給を伸ばしています。

東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、福岡まで、首都圏を中心にエリアも順次拡大しており、今後も売買実績は増えていくのではないでしょうか。

オープンハウスの収益物件の売買活動

オープンハウスの収益物件の売買活動の特徴は、仲介取引ではなく「直接買取」であることです。売却物件をオープンハウス自身が文字通り直接買取してくれるため、売主は購入希望者を探す必要がなく、スピーディーに売却できるメリットがあります。

しかも、案件に対応してくれるのは不動産のプロ社員。豊富な知識と経験、ノウハウを駆使しながらスムーズかつ臨機応変に動いてくれるので、ストレスフリーな売却活動ができるでしょう。

改めて、オープンハウスは仲介ではなく買取です。買取のメリットは非常に多く、仲介手数料が不要になるほか、売却物件に欠陥が見つかっても修理の負担なし(免責)、購入希望者による内覧の発生なし、売却することを周囲に知られることもありません。

オープンハウスの評判

  • 都心に店舗を構えるオープンハウスへ来店する時間がなかなか取れなかったのですが、公式ホームページにある「無料売却査定」のフォームから簡単に査定を依頼することができました。無料のフリーコールもあるので、ネットで解決できない疑問は電話相談することができました。来店相談の日時も予約ができたので、スムーズに話が進んだのが良かったです!
    引用元:「不動産売却プラザ」(https://www.fudousan-plaza.com/company/open-house/)
  • 息子の誕生を機に、マンションを売却して住み替えることにしました。賃貸にしようかとも思ったのですが管理が大変そうだし、思ったほどに賃料も高くないようなので売却に決めたのです。初めてのことで不安はありましたが、無事に納得できる金額で売却が成立したので安心しました。
    引用元:「東京不動産売却GUIDE」(https://www.sellestate-cmp.net/catalog/openhouse.html)

オープンハウスの特色

オープンハウスの不動産投資サービス

オープンハウスの主力事業は仲介・戸建ですが、不動産売買の代理、新築戸建て分譲、マンション・ディベロップメント、不動産金融事業など多岐にわたる分野に参入しています。そしてこうした不動産関連の各事業分野で培ったノウハウを活かしながら、不動産投資事業における迅速できめ細かいサービス提供も可能です。会社としての対応力もありますが、経験豊富なスタッフなどマンパワーも充実しています。

オープンハウスの企業信頼性

1997年9月に創業したオープンハウスは、老舗企業ではありませんが、企業信頼性は十分です。上述のように、都内住宅供給数ではNo.1の実績を誇り、買取総額(連結売上高も)は右肩上がり、首都圏を中心にエリアを順次拡大中で、資本金は197億4,158万円に達し、東京証券取引所の第1部に上場しています。これだけの実績と経営資源を持ちうるのは、企業信頼性が高いからです。

オープンハウスの会社概要

社名 株式会社オープンハウス
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F
資本金 197億4,158万円
免許等 宅地建物取引業免許 [国土交通大臣(3)第7349号]
不動産特定共同事業 許可番号 東京都知事 第106号
取引様態 記載なし
1棟収益物件の売却で
媒介の使い分けは当たり前
使い分ける不動産会社を新提案

新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
Myアセット

築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

電話で物件相談はこちら

築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
三井不動産リアルティ

資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

電話で物件相談はこちら

※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

隠れた優良企業が実はある
次の一棟マンション売却に
不動産会社開拓を提案

一棟マンションを中心に収益物件の取引に特化した不動産会社は複数あります。専門性と信頼性の高さの裏付けとして、国土交通省から一般不動産投資顧問業者に登録されている業者を厳選。隠れた優良企業として3社ご提案します。

着実な実績で選ぶなら
Myアセット

全空室の一棟マンションでも、構造不問で鉄骨RCでも、現況渡しでも、取引に応じる対応力があります。売却実績60件、管理戸数809室と、着実な売却実績です。投資家からの満足度も高く、信頼を勝ち得ています。

法人化を検討しているなら
ソリッド

プライベートカンパニーの設立サポートに注力しています。税理士や会計士の手もかりつつ、法人名義をフル活用した、キャッシュフローの最大化・効率化の提案を積極的にフォローしてくれる企業です。

投資の学びに注力するなら
コン・パス

不動産コンサルティングを軸に、首都圏不動産起業塾も主催。不動産業界10年以上の経験をもとに代表自ら惜しげもなくノウハウを提供しています。セミナーの他、オンラインスクールも展開中。

関連ページ

良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

レッツ不動産
エーディーワークス
コンツェルンアセットマネジメント
千葉県
江東区