川口市

川口市といえば都心へアクセスしやすい好立地から、都心のベッドタウンとして賑わいを見せている街です。その賑わいが、街の発展をもたらしているのですが、マンション買取や需要についてもリサーチしてみましたのでご覧ください。

一棟マンション売却・買取の川口市エリア相場

川口市の地価を国土交通省の土地総合情報システムの都道府県地価調からチェックしてみました。※2021年4月時点の情報です。

※公示価格は、国土交通省「土地総合情報システム」の都道府県地価調査から居住地のデータを抽出

  
エリア 公示地価
川口駅 621,391円/㎡
西川口 311,750円/㎡
蕨駅 276,578円/㎡
東川口 221,142円/㎡
川口元郷 216,636円/㎡

あくまでも平均値ですが、上記となっています。 やはり町の中心でもある川口駅周辺の地価の高さが抜きんでています。

実際、地価の高さを見ても、川口駅周辺には200万円/㎡を越える場所、100万円/㎡を越える場所も見受けられます。

一方で、大字峯字後では117,000円/㎡の所も見受けられます。川口駅からおよそ7km離れた町ですが、10倍以上も離れているのは、それだけ川口駅周辺の人気が高いと考えてよいでしょう。

川口駅は川口市の南部に位置しています。つまり、東京に近い場所となりますので、川口市では、南であればあるほど地価が高いと考えてよいでしょう。

ただし、北部も決して閑散としているエリアではありません。さいたま市、あるいは越谷市といった、やはり川口市と同じく都心のベッドタウンとして賑わいを見せているエリアに近付くと、そちらも賑わいを見せています。

参照元:土地代データ/川口市(https://tochidai.info/saitama/kawaguchi/)

川口市の一棟マンション売却・買取物件例

川口市朝日の一棟マンション物件例

川口市朝日の一棟マンション物件例 ※引用元「ホームズ」https://toushi.homes.co.jp/bukkendetail/index/301290002359/
  • 価格:1億5,800万円
  • 利回り:5.97%
  • 所在地:川口市朝日5丁目
  • 最寄駅:南鳩ヶ谷駅
  • 構造:鉄骨造
  • 規模:3階建
  • 築年数:1989年
  • 土地権利:所有権
  • 土地面積:496.00㎡
  • 取引態様:仲介
  • 取り扱い不動産会社:ホームズ

※参照元:ホームズHP(2021年12月時点情報)

川口市西川口の一棟マンション物件例

川口市西川口の一棟マンション物件例 ※引用元「ホームズ」https://toushi.homes.co.jp/bukkendetail/index/360620000322/
  • 価格:1億1,400万円
  • 利回り:7.20%
  • 所在地:川口市西川口
  • 最寄駅:西川口駅
  • 構造:鉄骨造
  • 規模:3階建
  • 築年数:1990年
  • 土地権利:所有権
  • 土地面積:279.08㎡
  • 取引態様:専任媒介
  • 取り扱い不動産会社:ホームズ

※参照元:ホームズHP(2021年12月時点情報)

川口市の地価変動情報

川口市の2021年の平均地価は263,276円。この数字は、前年比1.12%の上昇です。

新型コロナウィルスの感染症拡大の影響により、多くの地域にて地価が下落傾向にありますが、川口市に関しては上昇しており、地域毎に見てみると下記となっています。

  • 川口駅:+1.32%
  • 西川口:+1.50%
  • 蕨駅:+0.89%
  • 東川口駅:+0.73%
  • しかし、その数字としては決して大きなものではありません。

    都心のベッドタウンとしてはもちろんですが、川口市としての発展を見せている町は、新型コロナウィルスの感染症拡大の影響を受けていないと考えることができます。

    様々な影響があるにせよ、都心へのアクセス、都心と比較した際の地価の安さ、施設の充実ぶり等、川口市の特徴は、多くの人にとって魅力だと映っていることが分かります。

    リモートワーク需要の高まりから、都心の住居需要が低下しているのではないかとも囁かれていますが、川口市の地価の高まりを見ると、やはりまだまだ都心へのアクセスを考慮した住環境を考えている人が多いことが分かります。

    ただし、川口市はただ単に都心にアクセスしやすいだけではなく、ベットタウンとしての発展に伴い、地域内に様々な施設が用意されている、住みやすい町だからこそと考えることもできます。

    参照元:土地代データ/川口市(https://tochidai.info/saitama/kawaguchi/)

川口市の発展性と生活

川口市は都心のベッドタウンとして発展しました。 交通網はもちろんですが、荒川を隔てて都心と隣接しているエリアになりますので、様々な手段で都心に出やすい町です。だからこそ住居需要も高く、地価の高さに繋がっているのですが、人が多いからこそ、物も増え、住みやすい町へと発展しました。

また、鉄道網だけではなく、高速道路網にも恵まれており、川口市からは関東一円、さらには東北、北信越等、広域へのアクセスが可能となっています。 このように、住みやすい町でありながら、川口市では再開発も進められています。

つまり、より利便性の高い町へと進化することが予想されています。

また、川口市の発展の中心地は川口駅ですが、広域に渡って賑わいを見せている点もポイントです。 決して川口駅前だけが栄えているのではなく、東川口も賑わいを見せています。川口駅と東川口は決して近いとは言えない距離ですが、それでも賑わいを見せているのは、川口市の賑わいが決して駅周辺のみの、スポット的な賑わいではなく、広域に渡って賑わいを見せているエリアなので、決して駅周辺だけにマンション需要がある訳ではありません。

川口市の人口推移

川口市の令和3年の人口は607,373人とのことですが、昭和54年以降、人口は増加の一途で、一度とて人口が減少に転じたことはありません。

我が国は今更説明するまでもなく、少子高齢化が加速しており、多くの自治体にて人口が減少に転じています。 如何にして人口を増やすのかはもちろんですが、他の地域に転居されないよう工夫している自治体も珍しくありませんが、川口市に関しては未だに人口が増加しています。多くの人が住まいを決める際、積極的な情報収集を行っていることを踏まえると、川口市は、多くの人が「住む価値のある街」だと判断していると考えてよいでしょう。

また、川口市は再開発も手掛けています。つまり、人口が増えても昔のままのキャパシティなので、人が多いことで不便になるのではなく、人の多さに町としてしっかりと対応した環境づくりを行っていることも伺えます。

その点では、人口が多いものの、決して人の多さのおかげで窮屈な思いをする町ではなく、多くの人が快適な生活を送れる町だと考えてよいでしょう。

それだけに、マンションの需要も高いですし、積極的な再開発も行われていますので、今後も川口市の人口は増加していくであろうとの予測が立てられています。

参照元:川口市/z02sng.pdf[pdf](https://www.city.kawaguchi.lg.jp/material/files/group/7/z02sng.pdf)

川口市で一棟マンション売却の際に必要な書類

  • 身分証明書
  • 印鑑登録証明書および実印
  • 登記済権利書または登記識別情報
  • 固定資産税証明書
  • 口座情報(通帳・キャッシュカード)
  • マンションの管理規約・管理費・維持費等
  • 重要事項に関わる調査書

関連ページ

一棟売り!マンション売却のススメ

Myアセット
ムゲンエステート
ソリッド
不動産査定は無料?
リノプロパティ