売却か?賃貸?どっちが賢い選択!?

転勤や引っ越しに伴い空室になったマンション、そのままにしておくのはもったいないですよね。
しかし、売却と賃貸、どちらがいいの?!と悩む方もいるかもしれません。そんな方のために、この記事で売却と賃貸2つのメリットを徹底解説していきたいと思います。

今後住む予定がないなら売却

一般的に、今後住む予定がない場合は売却することをおすすめしています。
なぜかというと、マンションは基本的に、売却時期が早ければ早いほど高額で売れる傾向があるためです。

賃貸経営で不労所得できるのでは?とも考えられますが、賃貸経営はきちんとしたノウハウがなければ赤字になるリスクがあります。
売却であれば賃貸で得られる不労所得のチャンスはなくなりますが、リスクを避けつつまとまったお金を手に入れることができます。

再入居の可能性があるなら賃貸

一方、転勤で数年だけ家を空ける場合や、他の親族が入居するかもしれないといった場合は賃貸がおすすめです。
再入居の可能性がある場合は売却してしまうとまた購入する必要があるため、売らずに保有しておくほうが賢明だといえます。

また、空室の間も不労所得として収入を得ることができます。とはいえ、賃貸に出しても入居者が決まらなかったり、固定資産税や修繕費がかかるといったリスクがあります。
賃貸を契約するにあたってさまざまな契約書を交わす手間もあります。

2つのメリット・デメリットを比較

結論から述べましたが、売却・賃貸と双方メリットデメリットをまとめてみました。

売却のメリット

  • まとまったお金が手に入る
  • 築年数が浅いほど、高額で売却できるチャンスも

売却のデメリット

  • 不労所得のチャンスを失う
  • 手数料など、売却にも費用がかかる

売却のメリットは、まとまったお金を手に入るという点です。デメリットとしては、不労所得のチャンスを失うことですが、駅前など人気のエリアでない場合は空室のリスクもあります。

賃貸のメリット

  • 空室の期間を利用して収入を得ることができる

賃貸のデメリット

  • 空室リスクがある
  • 固定資産税や修繕費など、意外にお金がかかる

賃貸のメリットは、なんといっても不労所得を得られることです。一方、デメリットは空室のリスクがあること。また、固定資産税や修繕費など賃貸経営には意外とお金がかかるということも留意しておきましょう。

ライフプランに合わせて賢い選択を!

売却・賃貸それぞれにメリットデメリットがあります。今回はわかりやすい考え方として、売却・賃貸に向いているケースを紹介しましたが、実際は状況によって変わることもあります。
保有しているマンションのエリアや築年数、マンションのブランドなどで売却・賃貸を判断することもあります。
そのため、厳密には「物件によって変わる」ということを覚えておいてください。判断がつかない場合は、早めにプロに相談を。明るい未来のために、ライフプランにあった賢い選択をしましょう。

関連ページ

一棟売り!マンション売却のススメ

野村不動産アーバンネット
アップルアドバイザーズ
一棟マンション売却でオーナーチェンジを成功させるには?
SREホールディングス
急いで売りたいときは?