査定価格で売り出さないとダメ?

マンション売却をしたいとき、重要なのがいくらで販売するのか?というもの。
不動産会社から提示された査定価格を変更し、売りに出すことは可能なのでしょうか。
今回は、マンション売却するときの販売価格についてまとめています。

査定価格で売り出さないとダメ?

査定価格とは、売りに出したい物件を不動産会社が評価し、周辺相場や物件データをもとに適正だと思われる金額を算出するものです。
一方、売出価格とは、査定金額をもとに売り主の希望額や同一マンションの売り出し状況を見て総合的に判断します。

査定金額は、あくまで不動産会社が適正だと考える価格であって、実際に販売する「売出価格」とは別物です。
そのため、査定価格=売出価格ではないということを頭に入れておきましょう。

査定金額よりも高値で売ることはできる?

つまり、査定価格=売出価格ではないので、必ず査定価格で売りに出さなければならないというわけではありません。

また、販売状況を見ながら途中で価格を変更することも可能です。
希望の金額がある場合は不動産会社と相談し、売出価格を決定することができます。金額を無理強いすることはないので、安心してください。
しかし、査定価格は長年プロが培ってきたノウハウをもとに算出するものなので、査定価格を大きく上回る金額で販売することは珍しいです。

売却価格を決めるときのポイント

なるべく高く売りたいというのが本音ですが、査定額よりも高い売出価格を設定した場合、買い手が見つからない可能性があります。
運よく買い手が見つかれば幸いですが、場合によっては長期戦を覚悟しなければなりません。

反対に、売却時間にこだわりがない場合は少し高めに金額設定をしておいて、徐々に価格を調整していくという手もあります。
しかし、そうしている間にもマンションの老朽化は進んでいきます。
結局、査定額を下回る金額でしか売れなかったということになりかねないので、やはり査定額に近い現実的な価格設定が安全だといえます。

スムーズな売却のために

査定価格はあくまで参考価格であり、必ずしも査定価格で売りに出す必要はありません。
そのため、査定価格よりも高い金額で売りに出すことも可能です。ですが、査定価格を大きく上回る金額設定をしてしまうと売れるまでに長い時間がかかり、結局査定額を下回るというリスクもあります。

どの程度で折り合いをつけるのか?というのが重要です。
なるべくプロのアドバイスに耳を傾け、無理のない範囲内で価格設定するのが売却を成功させるコツです。

関連ページ

一棟売り!マンション売却のススメ

仲介業者を通すメリットは?
川口市
船橋市
ムゲンエステート
マルオ