ムゲンエステート

ムゲンエステートの一棟売り売買物件

ムゲンエステートの物件情報は不動産ポータルサイトではなく、ムゲンエステートが自社で運用するサイトで紹介されています。無料の会員登録で限定物件が確認できる仕組み。

満室物件や、利回り8%以上など買い手の付きやすい物件を特集として紹介する他、立地・構造・築年数でも物件を検索できるようになっています。

ムゲンエステートの収益物件の売買について

ムゲンエステートの収益物件の売買実績

不動産買取再販事業について、投資用物件、居住用物件はそれぞれ252件、157件、平均単価は投資用が1億2,290万円、居住用は3,370万円との実績あり。(2019年12月期ブリッジレポートより)営業担当者は買取からバリューアップ企画、販売にいたるまで一貫して担当し、三井のリハウス、野村不動産アーバンネット、住友不動産販売、東急リバブル等、首都圏の不動産仲介会社などから市場に出回っていない優良な個人・および法人の売り物件情報を入手。

ムゲンエステートの収益物件の売買活動

投資用不動産販売において、10億円を超える物件を含め取扱物件の大型化を推進、商品ラインナップについても一棟賃貸マンション、一棟オフィスビル等の投資用不動産から区分所有マンション、戸建等の居住用不動産までをそろえ顧客ニーズに対応している。

ムゲンエステートの評判

  • 中古マンションを見に行きましたが、なかなか良かったですよ。現地で案内をしてくれた不動産会社の担当も丁寧に教えて案内してくれました。
  • 木場のマンションを見学してきました。建具とフローリングの色の組み合わせも良かったですし、洗面台、ニットバス、トイレ、キッチンもリフォームされていました。
    引用元:マンションコミュニティ(https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/78729/)
  • ムゲンエステートの特色

    ムゲンエステートの不動産投資サービス

    首都圏における中古不動産の買取から再販までをカバー。在庫ラインナップは顧客満足を追求すべく、居住用区分所有マンション、投資用不動産、戸建て等、良質で幅広いポートフォリオを展開。買取物件は(株)フジホームによるバリューアップ(内装工事等の実施による不動産価値・収益性の向上)を実施、再生不動産として国内外の投資家、一次取得者、二次取得者向け販売を展開。さらに、費用負担の上保証期間内の修繕を実施するアフターサービスも行っている。

    ムゲンエステートの企業信頼性

    今後の成長戦略の柱となる「1都3県の首都圏ドミナント戦略」に注力することによって、首都圏においてすべての価格帯がそろった縦展開の中古物件の再生に経営資源を集中している。流動性の高い首都圏において独自の強みを最大化するため、買取、バリューアップ、最販時の決済までのスピード向上に注力。物件ごとに借置限界日を設定し、グループ全体の利益体質の強化を実現している。

    ムゲンエステートの会社概要

    社名 株式会社ムゲンエステート
    本社所在地 東京都中央区日本橋浜町三丁目19番3号
    資本金 25億52百万円
    免許等 宅地建物取引業国土交通大臣(4)第6973号
    一般不動産投資顧問業 一般-第840号
    第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第1989号
    一般建設業 千葉県知事許可(般-28) 第27913号
    二級建築士事務所 千葉県知事登録 第2-1906-7265号
    取引様態 仲介
    1棟収益物件の売却で
    媒介の使い分けは当たり前
    使い分ける不動産会社を新提案

    新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

    築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
    Myアセット

    築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

    電話で物件相談はこちら

    築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
    三井不動産リアルティ

    資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

    賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

    電話で物件相談はこちら

    ※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

    ※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

    関連ページ

    良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

    アップルアドバイザーズ
    東洋プロパティ
    柏市
    インテリックス
    中野区