サブリース契約中の一棟マンション
売却は可能?

サブリース契約中のマンションでも、売却することは可能。ただし、通常の売却とは違う点を考慮する必要があります。

サブリースマンションは
売りにくい

現在サブリース契約中でも、マンションを売却することは可能です。東京オリンピックの開催や、住宅ローンの金利が下がっている影響もあり、中古マンションの価格は上昇傾向に。しかし、サブリースマンションは買い手がつきにくいのが現状です。

サブリースマンションが売りにくい要因の一つは、サブリース契約中の一棟マンションを売却した場合に、サブリース契約も一緒に買主に引き継がれるということ。サブリース契約は、マンションを管理する手間を省けるというメリットがある一方で、サブリース業者に毎月手数料を支払う義務が生じます。手数料は、毎月の賃料の10〜20%が相場です。そのほか、賃料設定ができない点は、マンション投資を考えている買い手にとってメリットが少ないと言えます。

これらのことから、サブリースマンションは売却が難しいのです。

サブリース中の一棟マンション
売却の際の注意点

不動産経営をサブリース会社に一任する契約形態の不動産を売却する場合、以下の3つの点に注意しましょう。

査定価格が下がる

投資用マンションの査定には「収益還元法」が用いられます。「収益還元法」とは対象不動産の将来の収益を予想して価格を求める計算法です。

サブリース契約中のマンションは売却後もその契約内容が継続されるため、サブリース会社に支払う手数料の額だけ収益性が下がると判断されるケースが。そのため査定額に影響が出る可能性があります。

サブリース契約の引き継ぎ

一般的な投資物件の売買では、買主は管理形態の選択が可能です。しかしサブリース契約中のマンションを購入するケースでは、買主は管理形態を選ぶ権利はありません。サブリース契約を引き継ぐことになるのが一般的です。

オーナー側から中途解約しにくい

サブリース契約がネックなら、契約を解除後に売却すればいいでしょう。しかし、サブリース契約は簡単に解約できるものではありません。

借主であるサブリース会社は「借地借家法」で守られています。サブリース契約を解約するためには正当な事由が必要となり、オーナー側から解約することは難しい場合があります。

サブリースの契約書には解約に関する条項が設定されており、例えば「1年前に書面で解約の旨の通知が必要」のように、時期と通知方法などが定められるのが一般的です。解約時期についてかなり前からの意思表示が必要なケースが多く、借主から同意が得られても解約までにはかなりの時間を要することもあります。

サブリース中の一棟マンションを高く売るコツ

売却時期を見極める

一棟マンションをなるべく高く売却するには、売却の時期を見極めることがポイントです。不動産市場に詳しくない場合は、不動産会社に市場状況を相談すると良いでしょう。

余裕をもって販売期間を設ける

マンションの売却に限らず、不動産を売却する際には時間的に余裕をもつことが大切です。焦って売却してしまうと、相場より低い価格で売る可能性もあります。

サブリース契約のない物件だと、売却活動開始から引き渡しまで通常約6ヶ月かかります。サブリースを解除後に売り出す場合は、さらに長くなるのを念頭に置きましょう。サブリース契約解除の期間を含めると、1〜2年に及ぶこともザラです。

適切な売却価格を設定する

売却価格については、少しでも高く売ることを目指すあまり相場を軽視するケースが。高すぎると商談につながる可能性が低くなります。

「土地総合情報システム」などで似たような物件の取引情報をチェックしながら、売却価格を設定するようにしましょう。

不動産会社を選ぶ

サブリース契約中のマンションの売却に限ったことではありませんが、高く売れるかどうかは、不動産会社の選定が非常に重要になります。サブリース契約中のマンションを売却するのであれば、やはりサブリースマンションの売却実績のある不動産会社に相談すると良いでしょう。

1棟収益物件の売却で
媒介の使い分けは当たり前
使い分ける不動産会社を新提案

新たな業者開拓の1つとして、物件と媒介契約から適した不動産会社を提案します。

築年数ある物件の価値を見出すなら専門性重視の専任媒介契約で
Myアセット

築年数ある物件の売却は、ウィークポイントの値引き交渉に粘る取引ではなく、専門性の高い業者に適正価格を求めるのが吉。それならば専任媒介で一社に託して関係性を築いて売却活動を依頼する方が、結果的に良い取引になるでしょう。首都圏の1棟収益物件に特化した業者のうち、専門性が高く投資家からの満足度が高いMyアセットを推薦します。(※1)

電話で物件相談はこちら

築浅物件で売却スピードを競うなら大手を交えた一般媒介契約で
三井不動産リアルティ

資産価値の高さが明らかな物件は、一般媒介契約で複数社の売却力を見極めてみるのも一手。大手不動産業のうち最も仲介件数が多いのが三井不動産リアルティです。(※2)

賃貸事業のみならず、商業施設・ホテルリゾート事業を持つ「三井不動産グループ」によって、様々な可能性を加味した売却が見込めます。

電話で物件相談はこちら

※1:東京・神奈川・千葉・埼玉の物件に対応し、収益物件の取り扱いを主の事業とした不動産会社を収益物件特化として調査。国土交通省の「一般不動産投資顧問業」登録を、専門性の高さをみる1つの基準としています。

※2:公益財団法人不動産流通推進センターの2019年不動産業統計集にて流通大手各社の取り扱い仲介件数が41,533件と最多。

隠れた優良企業が実はある
次の一棟マンション売却に
不動産会社開拓を提案

一棟マンションを中心に収益物件の取引に特化した不動産会社は複数あります。専門性と信頼性の高さの裏付けとして、国土交通省から一般不動産投資顧問業者に登録されている業者を厳選。隠れた優良企業として3社ご提案します。

着実な実績で選ぶなら
Myアセット

全空室の一棟マンションでも、構造不問で鉄骨RCでも、現況渡しでも、取引に応じる対応力があります。売却実績60件、管理戸数809室と、着実な売却実績です。投資家からの満足度も高く、信頼を勝ち得ています。

法人化を検討しているなら
ソリッド

プライベートカンパニーの設立サポートに注力しています。税理士や会計士の手もかりつつ、法人名義をフル活用した、キャッシュフローの最大化・効率化の提案を積極的にフォローしてくれる企業です。

投資の学びに注力するなら
コン・パス

不動産コンサルティングを軸に、首都圏不動産起業塾も主催。不動産業界10年以上の経験をもとに代表自ら惜しげもなくノウハウを提供しています。セミナーの他、オンラインスクールも展開中。

関連ページ

良い売却は、次の良質物件を引き寄せる 好循環サイクルを生む収益物件の出口戦略

東京都
横浜市
エヌアセットBerry
台東区
サンライズ不動産