机上査定と訪問査定での価格差

不動産会社が行う査定には机上査定と訪問査定と2つの査定方法があります。
今回は、机上査定と訪問査定それぞれの特徴や、使い分けのポイントについて解説していきたいと思います。

机上査定とは?

不動産査定のひとつである机上査定は、物件の住所や面積、築年数など、データから計算される査定方法のこと。
表からわかるデータだけで物件の価値を算出することから簡易査定ともいわれており、早ければ当日中に査定金額を知ることもできます。

ただし、あくまで簡易的な査定なので、金額はかなりおおまかなものだと考えておいたほうがいいでしょう。
場合によっては実際の売却額と査定金額に大きな差が出るケースもあります。

訪問査定とは?

訪問査定は物件のデータに加え、不動産会社の担当者が実際に現地訪問をして物件を査定します。
物件の状態や間取り、内装を考慮しながら価格を決定するので、精密な査定額を見積もることができます。

実際、不動産取引というものは、間取りや設備など、内装の充実度が大きく影響します。
そのため、エリアや築年数だけでは実際の査定額はわからないというのが本当のところです。
その点、担当者が現地に赴いてきちんと査定を行ってくれるので、時間はかかりますがより正確な金額を知ることができるでしょう。

2つの査定、どっちがいいの?

2つの不動産査定は基本的に無料で実施しているところがほとんどです。
それならより正確な査定額が知れる訪問査定をした方がいいんじゃない?と考えそうですが、実際担当者が現地訪問するとなると、日程や時間調整のやりとりに手間がかかってしまいます。

また、査定金額アップのため、入念な掃除をしておく必要も考えられるため、いますぐに金額を知りたい!というような場合は簡易査定がおすすめ。
時間をかけてもいいので正確な売却金額を知りたいという場合は訪問査定を依頼しましょう。

段階に応じて使い分けるのがおすすめ!

机上査定のメリット

  • 早ければ当日中に査定額を知ることができる
  • ネットから依頼できてスムーズ

机上査定のデメリット

  • 実際の売却金額とズレが生じやすい

訪問査定のメリット

  • 正確な査定金額を知ることができる

訪問査定のデメリット

  • 担当者とのやりとりが必要
  • 日程や時間調整に時間がかかる

このように、不動産査定には2つの査定方法があり、どちらにもメリット・デメリットがあります。
そのため、段階に応じて査定方法を使い分けるのがおすすめです。

なるべく複数の不動産会社に査定を依頼するのがポイント。
査定金額に数百万円の差が出たというケースもあるので、複数の不動産会社に依頼しマンション売却を成功させましょう。

関連ページ

一棟売り!マンション売却のススメ

仲介業者を通すメリットは?
SREホールディングス
アローズリアルエステート
AYO土地建物
サブリース契約中の一棟マンション
売却は可能?